このページではシャンプーとリンスを使ったジャックラッセルテリアの洗い方を紹介します!
工程ごとに詳しく説明をしておりますので是非参考にしてみてください。
ジャックラッセルテリアのシャンプー

ジャックラッセルテリアを洗う工程(前編)

このページでは下記の工程を紹介しています。
1、体全体にお湯を掛ける
2、肛門腺を絞る
3、シャンプーで洗う


※シャンプーをする前には必ずブラッシングを行ってあげてください。
ブラッシングについては「ブラッシング方法」で紹介しておりますので参考にしてみてください!

体全体にお湯を掛ける

シャワーを使い体全体をお湯で濡らします。
シャワーを全開で出して音を立てると怖がってしまいますので体に対してシャワーを使用する場合はシャワーヘッドを体に付けて使用します。
暴れている子を押さえつけて無理にシャワーを当て続けるとシャンプー嫌いのワンチャンになってしまいますので注意してください
犬を怖がらせないシャワーヘッドの使い方


犬シャンプー嫌いにさせないシャワーの使い方


シャワーの掛かりにくいお腹の下などは画像のように手で水を溜めるように体を濡らしてあげます。
怖がらないシャワー方法

頭、顔に対するシャワーの使い方

顔にシャワーを使用する場合の水量は画像を目安にしてください。
犬の頭に掛ける水量
シャワーヘッドは体の時と同様に出来るだけ近づけて使用します。


ジャックラッセルテリアの頭を濡らす

お湯の温度について

水温は37度くらいです。
水温がハッキリと分からない場合には
普段自分(人間)が入るシャワーの温度よりも「少しぬるいな~」くらいを目安にしてください。

肛門腺を絞る

肛門腺を絞ります。
肛門腺の絞り方
画像のように指を持ち上げることで肛門嚢を絞り出します。
臭いのキツい液が出ますので被毛に付かないようにシャワーで洗い流します。
※ジャックラッセルの場合は出ない子も多いです!

注意点

定期的に出してあげないと破裂してしまう子もいるので注意が必要です
また、大量にたまっている時、無理に搾り出そうとして破裂させてしまうこともありますので注意してください。
最初の1回はトリマーさんにお願いして2回目から月一回のシャンプーの時に絞ればよいとおもいます。

シャンプーで洗う

シャンプーリンスの準備
・シャンプー:予め2倍に薄めたもの。
・リンス:予め4倍に薄めたもの。
予め原液を希釈することで濯ぎ残しや目に高濃度のシャンプーが入ってしまうことを防ぎます。
また今回シャンプー液のPHを中和する目的でリンスを4倍に薄めて使用しています。
(ワイヤーコート用を使用してあげると更に良いとおもいます)

ジャックラッセル用シャンプー
図のように容器をで希釈したシャンプーリンスを作っておくと便利です!

希釈したシャンプー液をお尻から掛けます。
シャンプーの使い方


頭を除く首から下にシャンプー液を掛けながら指の平を使い十分に泡立てます。
(最初は泡立ちが悪いのでシャンプー液を追加しながら洗います)
全身にシャンプー


体の隅々まで丁寧に洗ってあげてください!
綺麗に泡立ったら体のシャンプーは完了です。
細かい部分のシャンプー
シャンプー完了

頭のシャンプー

頭へのシャンプーは体に使うよりも低濃度のシャンプー液を使用したいので体に残った泡を集めて頭頂部に付けます。ジャックラッセルテリアの頭を洗う


出来るだけ目に入らないように丁寧に洗ってあげてください。
ジャックラッセルの頭を洗う


次のページでは「ジャックラッセルテリアのシャンプ2」シャンプー液の濯ぎから紹介します。


自分で行うトリミングについて自信が無い場合は「トリミングはどうすれば?」をご覧ください。